住宅ローンの基礎知識

お気に入りの物件が見つかったら、いよいよ購入に向けて計画を立てましょう。
そこで、重要になってくるのが住宅ローンの選定です。

武蔵野多摩地区で住宅ローンを利用する場合、利用できる金融機関はざっと30以上あります。
また、それぞれの銀行ごとに、金利・手数料、付保される保険内容によって数種類の商品が準備されています。
住宅ローンは長期の金融商品のため低金利となっていますが、そもそも借入金額が数百万以上と高額なため、
コンマ数パーセントの金利差が、総支払額となると大きな金額差が生じてきます。

お手ごろ価格の物件を見つけても、住宅ローン選びで失敗すると、数百万円多く支払う、
という事も起こる訳です。

グラフ
「住宅ローンの選定」は「物件探し」と同じくらい重要だと言う事がご理解頂けましたでしょうか。

それでは住宅ローンの種類やしくみについて見ていきましょう。

  • 1.住宅ローンの種類

    1.住宅ローンの種類 武蔵野多摩地区で住宅購入する場合、ご利用いただける住宅ローンはどのくらいあるのか? 自分にあったローンを選ぶにはどうすれば良いでしょうか・・・?

    続きを読む

  • 2.過去の金利推移

    2.過去の金利推移 現在、住宅ローンの金利は超低金利時代と言われています。住宅ローンの返済は長期に渡るため、金利変動リスクについて理解しておく必要があるでしょう。

    続きを読む

  • 3.金利の種類

    3.金利の種類 1.固定金利型
    固定金利型とは、借入期間中の金利が固定されているもので、返済開始から最終回までの返済額が一定となります。
    代表的なものでは、フラット35、その他…

    続きを読む

  • 4.金利選びのポイント

    4.金利選びのポイント それでは、実際に住宅ローンをご利用される場合、どのように選べばよいでしょうか? 利用できる金融機関は30種以上、金利の種類も数種類、さらに優遇金利などの特典…

    続きを読む

  • 5.元利均等と元金均等

    5.元利均等と元金均等 住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済の二種類があります。一般的な住宅ローンでは元利金等返済となりますが、金融機関によって元金均等返済を選択できるタイプも‥

    続きを読む

  • 6.ボーナス併用・返済期間

    6.ボーナス併用・返済期間 住宅ローンの返済方法には、「毎月返済」と「ボーナス併用返済」があります。 返済額を計算するときは、融資額全体を毎月返済分とボーナス返済分に分けて…

    続きを読む

  • 7.借入可能額

    7.借入可能額 住宅ローンを利用する場合、まず始めに「いくらまで借りられるのか」借入可能額を押さえておきましょう。 金融機関が設定しているローンの上限は、5,000万円~8,000万円ほどが一般的です。

    続きを読む

  • 8.収入合算、連帯債務

    8.収入合算、連帯債務 住宅ローンをご利用する場合、世帯収入を合算して融資を受けることもできます。 収入を合算することにより借入限度額を延ばすことができます。

    続きを読む

  • 9.事務手数料と保証料

    9.事務手数料と保証料 1.事務手数料
    住宅ローンを利用する場合、事務手数料を金融機関に支払います。 一般的な住宅ローンでは一口31,500円が相場ですが、フラット35など一部の商品では…

    続きを読む

  • 10.団体信用生命保険

    10.団体信用生命保険 団体信用生命保険とは…。
    住宅ローンを組んだ後、借入した人が死亡・高度障害になった場合に団体信用生命保険の死亡保険金で ローンの残高を清算してくれるものです。

    続きを読む

  • 11.繰上返済

    11.繰上返済 住宅ローン借入後、返済に余裕が出てきたら繰上返済を検討しましょう。 繰上返済は、住宅ローン残高の全部を返済するほか、残高の一部を返済する(内入れ)することも可能です。

    続きを読む

  • 12.借換え

    12.借換え 住宅ローン借入後、別の金融機関の住宅ローンに借り換えを検討した方が良い場合があります。 その目的は、大きく分けて以下の3つです。1.現在の返済額を抑えたい…

    続きを読む

  • 13.延滞したら・・・

    13.延滞したら・・・ 住宅ローンの返済が厳しくなって来たときは、早めに対策を図ることが大切です。 対策として、1.返済額を抑える借換え2.返済期間の延長などが、あります。例えば…

    続きを読む

  • 14.金融機関が破綻したとき

    14.金融機関が破綻したとき 金融機関が万一破綻した場合、そこから借りている住宅ローンはどうなってしまうのでしょうか・・・?実際に金融機関が破綻したとき以下のようなケースが考えられます。

    続きを読む

最新物件更新情報
一般 会員
本日 9件 33件
昨日 25件 30件